海外への引越し料金相場と注意点

海外への引越しはいくらかかる?

海外へ引越す際の方法は、①船便 ②航空便の2種類あります。

船便も航空便も、料金は
日本側輸出料金 + 海上運賃 + 外国側輸入料金と関税
で計算できます。

梱包はより厳重にしなければならないため、素人では難しく業者任せにするというのが一般的です。

料金例
★東京都中央区から、船便でニューヨーク近郊(港から50km)に、段ボール約40個を送った場合
日本側輸出料金  220,000円
船便運賃       185,000円
外国側輸入料金  100,000円
合計:505,000円(実費・保険料・関税を除く)

海外への引越し料金は、国内よりも大幅に引越し業者によって料金が変わる可能性があります。
国内での引越し以上に慎重に業者を選びたいところです。複数の引越し業者に見積りを出してもらい、検討しましょう。

料金以外にも、現地での日本語サービス有無、荷物への保険、関税にかかわる問題や通関手続きや検疫などについて適切なアドバイスをくれるかどうか、も判断の基準としましょう。

荷物は何でも送れるわけではない

海外へ荷物を運ぶということは、輸出と同じことであり、受け入れ先の国にとっては輸入と同じことです。

【輸出禁止品】
麻薬類、文化財と認められた古美術品、畳などワラ製品など
動物や植物は検疫が必要。他、8ビット以上のパソコンは通産省の輸出承認書が必要

【輸入禁止品】
米国、オーストラリア・・肉類が混入されているインスタント食品
韓国・・カラオケ
マレーシア、シンガポール、タイ・・米穀がほとんど禁止
など国によりさまざま

電圧の違いでコンセントが異なるため、電化製品を持っていっても使えない場合があります。
(電圧変更プラグは売っていますのでそれがあれば使える。が、正常に動作しない場合も)

船便では到着までに日数がかかります。すぐに必要な荷物は船便では送らないようにしましょう。

引越し料金は業者によって、最大3倍も差があると言われています

引越し一括見積りで引越し料金が130,000円→35,000円に!
【95,000円も安くなりました】


引越し一括見積りサービスのなかでも優秀なのが、「引越し侍」です。
大手業者はもちろん、190社以上の引越し業者の中から、最大10社へ無料で一括見積り依頼ができ、一番お得な引越し業者を選ぶことができます



紹介件数1120万件の実績があり安心して利用が出来ます。もちろん見積りは無料です。
引越し料金の無料一括見積りはここからできます。
引越し一括見積り体験談はこちら

  
このページの先頭 へ  次→ 海外への引越し手続き へ
引越し大作戦1 - 良い引越しのためには業者を見極める
引越し大作戦2 - ケース別で見てみよう
引越し大作戦3 - 安くダンドリ良い準備の進め方
各業者のプラン内容&サービス制底調査
引越し大作戦!番外編
引越しコラム
海外への引越し
その他の引越し方法
サイト管理者情報